信頼を築く身だしなみ

【オフィスファッション】職種別のファッションはTPOを考えて着こなし

更新日:

TPOとは時間、場所、場合に応じた服装などの使い分けのことを言います。

オフィスファッションこそTPOに応じた選択が求められるものはありません。誰も、ぬかるんだ地面を歩くとわかっていて真っ白なハイヒールを履いて行く人はいないでしょう。

しかし、オフィスファッションに関しては、もっと押さえるべき大切なポイントがたくさんあります。

職種別の重要なポイントを見てみましょう。

仕事着として最低限のポイント

どんな職種のどんな服でも、まず仕事着としての最低限のポイントを押さえておくべきです。

清潔であることやサイズが合っていることに加え、胸元が大きく開いていないか、体のラインがくっきりと出ていないかなどは、相手に与える印象に大きく影響するポイントです。

たとえアパレル系の職種であっても、露出の多いファッションは仕事着として適しているとは言えません。

立ったり座ったり、腰をかがめたり、背伸びをしたり、働くということは職種に関わらず、様々な体の動きが伴います。

その度に肌が露出しては、異性でも同性でも、仕事ではなく、そのことが気になるでしょう。好印象を与えることができるとは言えません。

事務系の場合

デスクワークの仕事は、何と言っても長時間座っているということを考えて服を選びます。

シワになりにくい素材の服を選びましょう。

また、ジャケットは用意しつつも、通常はカーデンガンを着用しておくなら、リラックスして業務を行えるかもしれません。

サイズが合っていることは大切ですが、デスクワークは特に夕方体がむくみがちなので、ウエスト回りや首回りには少し余裕があったほうが良いかもしれません。

公務員や学校勤務の場合

この職種こそ、自分の好みではなく他の人の印象を考えた服選びが必要です。

生徒や保護者の目からどう映るかを考えます。だからと言って、カチッとしたスーツに身を包む必要もありません。

ブラウスにカーデガンというふんわりとしたファッションや、薄い緑やピンクといった色は親しみやすい印象を与えます。もちろん派手な色や肌の露出が多い服はNGです。

デザイン・編集・ITなどのクリエイティブ系

一言にクリエイティブ系と言っても様々な職種があります。

この場合、仕事着としての基本ポイントは押さえつつも、個性をミックスしたセンスある着こなしが、仕事に良い影響を与える場合もあります。

つまり、お洒落である必要があるということです。

この人なら、素敵なデザインをしてくれそう・・・と、相手に仕事内容を想像させるようなファッションを心がけましょう。

クリエイティブ系のような仕事の場合、打ち合わせや他社の訪問がメインの日や、制作などのデスクワークがメインの日と言ったように、その日によって仕事内容が変わるかもしれません。

その日に合わせて、長時間のデスクワークであれば、動きやすいゆったりとした服装にしたり、人に会う日は、きちんとした爽やかな印象を与える組み合わせにするといった具合です。

営業職の場合

営業職のファッションにおいて一番重要なのは、清潔感です。

何の営業かによって、アイテムの組み合わせは変わってきますが、ジャケットを着用すると、相手に与える印象はアップします。

色についても“白”は純粋さや誠実さを醸し出し、黒は重厚感を表すので、ファッションの参考にしましょう。

“この会社はきちんとしたところのようだ”とか、“この人なら安心して任せられそう”という印象を与える服を選びます。

また、営業職の場合、相手に自分の話を聞いてもらうことが大切なので、目立つアクセサリーや派手なバッグなど、相手の気を逸らすような小物を身につけないようにしましょう。

さらに髪型にも清潔感が必要です。人と会う仕事は、耳を出す髪型が良いと言われることがあります。

髪をまとめたり、耳にかけたりして耳を出すことで、“話を聞いてくれる”という好印象を与えます。

アパレル系の職種の場合

ファッションに関しては、この職種が一番自由に着る服を選べる職業かもしれません。

中には自分が販売しているブランドの服を着ることが義務付けられている場合もあります。

その場合は、自分が着る服も広告宣伝の一つとなりますから、お客様に提案できるようなコーディネートを心がけましょう。

それでも、立ち仕事が多く、高いところのものを取ったり、腰をかがめたりという動きも多い仕事なので、肌の露出は押さえましょう。

肌が露出すると、お客様の目を売りたい服から逸らしてしまいます。あくまで社会人の仕事着であるということを忘れてはいけません。

まとめ

会社や職種によっては、制服やスーツ以外のファッションが許されているところがあります。

だからと言って、自分の好みの服を何でも着ていいということではありません。優先すべきなのは、自分の好みではなく、あくまで他の人に与える印象です。

個性をプラスしつつも、仕事着としての最低限のポイントを押さえ、社会人としてふさわしいファッションを心がけましょう。

よく一緒に読まれてる記事は?

働きやすさと爽やかさを兼ね備えたオフィスファッション

ビジネスの世界だけによらず、ファッションはその人がどんな人かを表します。 だらしない服装をしていれば、不真面目な人だと思われ、きちんとした服装をしていれば信頼できる人だと思われるのです。 では、働きや ...

続きを見る

-信頼を築く身だしなみ
-, , ,

Copyright© 愛され女子のビジネスマナー講座[ビジマルシェ] , 2018 All Rights Reserved.