来客対応と訪問

【お茶の出し方マナー】場の雰囲気を和らげるスマートなおもてなしの手順

来客応対の業務の中で、特に緊張するのはお茶を出す時かもしれません。

心のこもった行き届いたおもてなしは、室内の雰囲気を和らげ、会社の印象をアップさせます。

ここでは、お茶の入れ方から入退室の仕方まで、感じ良くスマートにやり遂げるためのポイントを説明します。

お茶のセット方法

まず、来客の時間より少し前に給湯室に行き、ポットにお茶はあるか、茶器は揃っているかなど確認しておきましょう。

お客様が来訪されたら、すぐに準備に取り掛かります。お茶を入れる時のお湯の温度は70度ぐらいが適温と言われています。

しかしそれは、お茶を美味しくいれる温度なので、注いだ時に冷めないように、お湯飲みはお湯で温めておきましょう。

お茶を入れる量は半分より少し多めです。少なすぎても、多すぎても飲みにくいので人数が多い場合は特に注意しながら入れましょう。

蓋つきの湯飲みの場合、蓋の絵柄と湯飲みの絵柄が揃うようにしましょう。準備は手早く行います。応接室での話が本題に入る前に配り終えるのが理想です。

お茶を出す時の流れ

お茶を出す時の心構えは、絶対にこぼさないという決意をする事です。

何も考えずにただ行動していると、気が緩んだりちょっとした刺激で落としてしまいがちです。その点、“粗相をしたら大変!気をつけよう”と常に思っていると程よい緊張感が続き効果的です。

嘘のような話と思うかもしれませんが、おすすめです。

入室しお茶を出す

入室する時は、ドアを3回ノックし会釈をしながら「失礼いたします」といって入ります。

小さめかつ全員に聞こえるような声量が良いでしょう。ドアをノックした後、返事を待つ必要はありません。

1人で出せるお茶の数は、お盆に乗る数から考えても多くて6個といったところでしょう。それ以上になる場合は、2人で行う方が無難です。

お客様からお茶を出す

お茶を出す順番は、もちろんお客様からです。上座の位置を確認し、上座から配ります。

時々明らかにもう1人よりも若い人が上座に座っている事があります。年齢が上だからといって立場が上であるとは限りません。必ず上座から出しましょう。

気を遣って、年長者から配る事で、逆に相手側に気を遣わせてしまう事もあります。

トレーはサイドテーブルに置き、そこから茶托に両手を添え、お客様の右手から出すのが基本です、間に入りづらかったり、資料が置いてあったりする場合は無理にそちらから出す必要はありません。左側から出しましょう。

相手が、身振り手振りで話している時は、手が当たってこぼれる恐れがあります。少し待つか「失礼いたします」と一声かけましょう。

お客様に配り終えたら、自分の会社の役職が高い順番に出します。

こぼしてしまったら

もしこぼしてしまったら、すぐに謝罪し布巾で拭きましょう。

そのために、布巾は常に持っておくようにします。その後、お茶を入れ直し再度出します。

細かい点ですが、お茶を運ぶときや出す時にちょっとした衝撃で、お茶が茶托にこぼれてしまう事があります。出す前に確認し、溢れているようならその時も布巾で茶托と湯飲みの底を拭いて出しましょう。

退出する

退出する時には、ドアの前で振り返り一礼し、会釈しながら外に出ます。この時は「失礼いたしました」と言っても、会釈のみでも構いません。

その場の雰囲気に合わせた対応をいたしましょう。茶器は多部署と共有していたり、別の来客ですぐに必要になる場合があるので、応接室が空室になった段階で速やかに片付けます。

まとめ

来客対応は電話応対と同じく、社会人に求められる基本のスキルです。毎日来客が多いとつい流れ作業になりがちですが、一人一人心を込めて対応しましょう。

忙しくてもバタバタせずに静かに行います。また心を込めて対応していれば、アクシデントがあっても動揺せずに適切な対応ができるでしょう。

自然と人の目に留まるような、美しい所作を身につけましょう。