信頼を築く身だしなみ

【敬語の種類】社会人ならマスターしておきたい使い分け

一口に「敬語」と言っても、それには3つの種類があります。「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」です。

ビジネスの場において敬語は、使い方を間違えると相手に不快感を与えたり、身内の人間に恥をかかせたりしてしまう、とても重要なマナーです。

この3種類の敬語をどのように使い分けたら良いか、敬語の基本と応用を考えます。

尊敬語

尊敬語は分かりやすく言えば、相手の動作を表すとき、また相手側の人の動作を表すときに使います。

例えば、お客様が来社したことを上司に伝える時は、「〇〇様が来ました」ではなく「〇〇様がお見えになりました」もしくは、「〇〇様がいらっしゃいました」と述べます。

これは、相手側の動作を身内に伝えるという場合です。

また実際にお客様に話しかけるときは、「ここに座ってください」ではなく「こちらに、お掛けになってお待ちください」と述べます。

これは相手の動作について述べる場合です。

尊敬語の活用例

おっしゃる 言う
いらっしゃる 行く
お帰りになる 帰る
お聞きになる 効く
なさる する
召し上がる 食べる

 

「〇〇様が、お越しになると言うことでしたので、この資料を用意しておりました。」
「先日〇〇様が、面白いとおっしゃっていた本を読んでみました。」

時折、「お越しになられる」とか「おっしゃられた」と言う使い方を耳にすることがありますが、これは二重敬語と言ってふさわしくありません。

「起こしになる」「おっしゃる」で一つの尊敬語なので、「られる」や「られた」は不要です。

間違えやすく、使っている人も多いので気をつけましょう。

あわせて読みたい
【尊敬語一覧】例文でわかる!信頼を勝ち取る自然な使い方相手の動作を高めるために使う尊敬語。丁寧語と違って、表現の言葉自体が変わる場合も多く注意が必要です。 この尊敬語が自然に使えるよう...

謙譲語

尊敬語が相手の動作を表すのに対し、謙譲語は自分の動作を表すときに使います。

例えば、「〇〇様に会いたい」と言うときは、「〇〇様にお目にかかりたいのですが」と言います。
また、「電話番号を言います」は、「電話番号を申し上げます」となります。

身内の人間が話した内容を伝える場合は、「弊社の〇〇が、申しております」と述べることで、自分側の人よりも相手を高めます。

もしも、こちら側の人間が役職者で、自分より上の立場だとしても、取引先や営業先の人よりも下として表現すると言うことです。

間違っても「部長がおっしゃっていました」などと言って、上司に恥をかかせないように気をつけましょう。

謙譲語の活用例

お目にかかる 会う
申し上げる 言う
伺う 行く
頂戴する もらう
拝読する 読む
拝見する 見る
承知する わかる

 

「私がお伺いいたします。」
「資料を拝見してもよろしいですか?」
「ご要望の件、承知いたしました。」

これも時折、「拝見させて頂く」とか「拝読させて頂く」と使う人がいますが、やはり二重敬語です。

「拝見」や「拝読」だけで、謙譲語は成立しており十分へりくだった言い方になっています。

あわせて読みたい
謙譲語の基本パターン!へりくだる表現をさり気なく使う方法相手を高める尊敬語に、自分を低める謙譲語を合わせることで、より相手を高めることができます。 相手に気を遣わせることなく、さりげなく...

丁寧語

丁寧語は一番簡単です。「です」や「ます」を付けた言い方のことを言います。

誰でも上司や取引先の人に対して、いわゆる「タメ口」で話す人はいないでしょう。

しかしこの丁寧語も気をつけた方が良い場合があります。

例えば、「相槌」ですが、方言やクセで「はい」と打っていたはずが、時々「うん」や「あぁ」等が混ざっていないでしょうか。

うっかり馴れ馴れしくしないように気をつけましょう。

また「なるほど」と言う言葉を使う人がいますが、「なるほど」は敬語ではありません。

受け取る側が不快に感じることもあります。同意する表現としては、「おっしゃる通りですね」や「確かにそうですね」が適切でしょう。

あわせて読みたい
丁寧語を覚える!ビジネスシーンで会話をスムーズに進める活用法丁寧語はビジネスシーンにおいての日常語です。使い方も比較的簡単ですが、様々なバリエーションを覚えておくと、会話をスムーズに進めることがで...

まとめ

日本ほどではないかもしれませんが、外国語にも敬語は存在します。

敬語は人が人をどう思っているか、大切にしているか否かといった、人間関係の根本に関わる大切な分野です。

その上、敬語はビジネスマナーの中でも、難しいものの一つと言えます。

敬語には正解があるので、おかしな敬語を使えば、相手に気づかれてしまいます。

敬語の知識はマナーである前に教養なのです。きちんと学習し、日常的に使うことでしっかり身につけましょう。

あわせて読みたい
【敬語の使い方】シチュエーションごとに対応力をあげる覚え方敬語は自然に身につくものではありません。 正しく学び徹底的に実践することではじめて、マスターすることができます。 学習は難な...